s-R1250R_2.jpg
Test Ride

試乗でスーパースポーツ、アドベンチャー、ツアラー、ロードスターなどBMW Motorradの世界観を体感ください。モトラッドカスノでは「通常試乗」と「2時間試乗」をご用意しています。詳しい内容などはお気軽にお問合わせ下さい。

​モトラッドカスノ TEL 075-604-5727

■通常試乗(無料・当日受付)

約20分程度のご試乗いただく試乗プランです。比較的、平日は車両に空きがあり2車種以上の乗り比べをおすすめしております。

■2時間試乗(無料・事前予約制/タンデム・高速走行)

​2時間の間、お客様の試乗したいルートで存分に試乗いただけます。タンデムや高速道路での試乗も可能です。ご自宅に戻り駐車スペースを確認するお客様もいらっしゃます。​※前日までにお電話にてご予約ください

試乗について

・試乗に適さない服装(半袖、半ズボン等)での試乗はお断りする場合があります。

​・店頭にて試乗誓約書のご記入などが必要となります。

・20歳以上の就労されている方のご試乗に限らせていただきます。

Line Up

​モトラッドカスノでは豊富な試乗車のラインナップを取り揃えております。また、オリジナルブランド「AELLA」を装着した車両もございますので、ノーマルとの違いを体感していただけます。ラインナップ以外の試乗車等に関しても、お気軽にお問い合わせ下さい。

※掲載している試乗車がイベント等でご試乗いただけない場合もございます。

IMG_4066.JPG
R1250RS

R 1250 RSはスポーツ性能とツーリング性能を兼ね備えています。新しいエンジンスポイラーを含む、新設計されたフロント周りはスポーツツアラーのダイナミックな印象を強調しています。左右非対称のツインヘッドライトのレイアウトにより、R 1250 RSはバランスの取れたモダンなエクステリアとなります。また、スポーティなシートポジションを実現するハンドルバーの形状となっています。

モデル名: R1250RS

シート高: 標準装備 760 mm

車重: 250 kg 

エンジン形式:空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒、1気筒あたり4バルブ

排気量: 1,254cc

クラッチ: 湿式多板、アンチホッピング

IMG_7543.JPG
S1000RR  Mパッケージ

オプションで購入可能なMパッケージ、 約3.5 kgの軽量化により、わずか193.5kgの重量。モータースポーツフィニッシュ、Mカーボンホイール、Mバッテリー、Mシート、Mテールライジング、Mスイングアームピボットに加えて、設定可能なライディングモードRace Pro 1-3および電子アシスタントを備えたProライディングモードも利用できます。DTC +/-シフト、ABS設定、エンジンマッピング、ウイリーコントロール、スライドコントロールなど、さまざまなシステムが用意されています。

モデル名: S1000RR

シート高: 824mm

車重: M Package 196.5 kg(走行可能・燃料満タン時)

エンジン形式:水冷並列4気筒4ストロークエンジン、1気筒あたり4バルブ(チタン製)

排気量: 999cc

クラッチ: 湿式多板、アンチホッピング

R1250R

R1200RからR1250Rは、排気量が1,169ccから1,254ccに拡大され、吸気側バルブには、可変バルブタイミング機構(シフトカム)が搭載されました。ダイナミックESAが採用され、走行状況に応じて前後サスの減衰力やプリロードを自動調整される為、コーナリングがより安定します。メーターは、6.5インチサイズのTFTカラー液晶ディスプレイへのマルチ表示タイプになるとともに、スマートフォンとの連携も可能です。

モデル名: R1250R

シート高:820mm(標準)

車重:246kg(空車重量)

エンジン形式: 空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒、1気筒あたり4バルブ

排気量: 1,254cc

クラッチ: 湿式多板、アンチホッピング

R1250GS

1,254ccへと排気量を増した新しいボクサーツインは、最高出力136HP(100kW)を発揮。荒野、砂漠、ワインディングロードとどんな所でも楽しめる一台です。可変カムシャフトコントロール、BMW ShiftCamはあらゆる速度域で力強さを発揮し、ボクサーツインならではの走りを体感できます。

モデル名: R1250GS

シート高: 850 / 890mm(ローダウンサスペンション* 805 / 825) *OE

車重: 256 kg (ハンドガード付き258 kg、ハンドガード&スポーツサスペンション付き266 kg)*OE

エンジン形式:空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒、1気筒あたり4バルブ

排気量: 1,254cc

クラッチ: 湿式多板、アンチホッピング機能付、油圧式クラッチ

R1250RT

旧型R1200RTからは排気量が増し、可変バルブへと変更になっています。レーダーセンサーで前車との車間距離を自動で維持するアダプティブクルーズコントロールを実現しました(オプション設定)。また、10.25インチの大型液晶メーターでナビまで表示可能です。スマホ専用コンパートメントも完備しており、冷却用の電動ファンを備え、ワイヤレス充電までできます。ツーリングをより安全に快適に走る為の圧倒的な装備を掲載しています。

モデル名: R1250RT

シート高: 805/825mm

車重:290kg(空車重量)

エンジン形式: 4ストロークDOHC水平対向2気筒、1気筒あたり4バルブ

排気量: 1,254cc

F900XR

F900XRは「アドベンチャースポーツ」に位置付けられ、直4エンジン搭載のS1000XRに続く第2弾になります。前後サスペンションのストローク長がF900Rより各35mm/30mm長く、前後17インチホイールとオンロードタイヤを装備。2灯式LEDヘッドライトを採用したハーフカウルに2段階調整式のスクリーンを装備するなど、スポーティかつ長距離をより快適に移動することを得意とします。

モデル名: F900XR

シート高:825 mm (OEサスペンションローアリングキット: 775 mm、OEローシート: 795 mm、OAハイシート: 840 mm、OAコンフォートシート: 845 mm、OAエクストラハイシート: 870 mm)

車重:223kg(空車重量)

エンジン形式: 水冷4ストローク並列2気筒エンジン、1気筒あたり4バルブ、2オーバーヘッドカムシャフト、ドライサンプ潤滑方式

排気量: 894cc

クラッチ: 多板湿式クラッチ(アンチホッピング)

RnineT Scrambler

伝統的な空油冷ボクサーエンジンのパワーとトルクカーブを最適化することで、特に4,000回転から6,000回転の領域でのフィーリングを向上させています。いつでも余力を持ってパワーを引き出すことが可能になり、オンロードでは完璧にリラックスした走りを楽しむことができます。その最大トルクは6,000回転時で116Nm、排出ガス規制のユーロ5にも準拠しています。 R nineT と比較するとハンドルバーの位置は高めに設定され、快適性に優れたシートもポジションを再設定。

モデル名: RnineT Scrambler

シート高:820 mm 

車重:222kg(空車重量)

エンジン形式: 4ストロークDOHC水平対向2気筒、1気筒あたり4バルブ

排気量: 1,169cc

F750GS

GSを冠するボクサーエンジンを搭載したF750GS。R1250GSではパワーをもて余すが、G310GSだと物足りなさを覚える、そしてGSならではのスピリッツを体感したいライダーへ最良の1台です。ASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)、ABS(アンチロック・ブレーキシステム)標準装備しており、安全性・快適性を高いレベルで体感できます。シート高も770mmから815mmまでオプションで選択できる為、自分にあったポジションをより求めることができます。

モデル名: F750GS

シート高:ベース:815 mm, Standard:770 mm, Premium Line:815 mm

車重:230kg(空車重量)

エンジン形式: 水冷4ストロークDOHC 並列2気筒、ドライサンプ

排気量: 853cc

クラッチ: 多板湿式クラッチ(アンチホッピング)

C400X

新開発の350cc単気筒エンジンと新型フレームを採用し、“アーバンモビリティー=都市部における移動手段”というカテゴリーへ切り込むべく開発された新型スクーターです。灯火類はLEDで、ヘッドライトは、まるでGSを思わせるような左右非対称の異形タイプ。ABSは標準装備され、ASCという駆動輪(リアタイヤ)の空転を検知して、トラクションを制御するシステムも搭載されています。スクーター=つまらないという概念を覆す、バイクらしい乗り味と操る愉しさをもった一台です。

モデル名: C400X

シート高:775mm

車重:205kg(空車重量)

エンジン形式: 水冷4ストローク単気筒・横置

排気量: 349cc

クラッチ: 遠心式乾式クラッチ