空水冷R1200RT ! エンジン分解!

皆様、こんにちは!

サービスの田中です(^^)/

雨ですねぇ・・・台風みたいですねぇ・・・。

雨にも負け・・・ずです!

今日は足元の悪い中、午前中から本当に多くのお客様に来店頂いております。

ありがとうございます!

さて、本日は前回紹介しました、降ろした空水冷エンジンの分解です。

エンジン前側のカバーを外して、クラッチを取り外しました。

クラッチの上に見える部品がウォーターポンプです。

話は変わりますが、エンジンの左側にちっちゃい穴が開いていて、

そこからクーラントが・・・と言えば・・・

はい!ピンときた方もおられますね(^^;

時々出てくる冷却水・・・漏れではありません!一定圧を超えた時の逃がしの穴です。

このウォーターポンプの取付位置を見て頂ければ、ちょっと理解が深まる・・・?

続いてエンジン後ろ側のトランスミッションを取り外します。

はい!ドーン!

こんな感じでケースにミッションがくっついた状態で外れます。

真ん中の、ながーーーーいシャフトがクラッチ側に繋がっているので、先にクラッチを外す

必要があったわけですね(^^)

そのミッションが外れた状態のエンジンがこちら!

やっと気になるジェネレーター(発電機)が見えました。

さらにコイルを取り外します。

目視でも確認出来ますが、黒く変色している部分がありますね。

熱による焼損です。

こうなったのには他に原因があるはず・・・。

あとで点検してみます。

部品交換のあとは・・・

エンジンを載せて・・・?

いや、エンジンに車体を載せて・・・?

Let's!合体!

\(^^)/

ここまでくれば、外した燃料タンクや外装類を組み付けて、完成です!

今回のように修理をしてていつも思いますが、

機械物ですので、故障はゼロではありません。

でも大丈夫です!直せばいいんです!

そのために新車であれば保証があるのです!

楽しくBMWバイクライフをおくるために、さらなる延長保証もあるのです!

万が一の時にお財布を助けてくれる保証、ホント大事ですよね。

しっかりと点検して頂くことも忘れずに!

本日は失礼致します。

                                      tanaka

最新記事