R1200GSでもここまでできる!

2018/05/23

Guten Abend!

 

本日、こんなポスターがお店に届きました。

 

 GSトロフィーのポスターです。

 

やはりGSはこんなシチュエーションが似合いますね。

 

こんなこととかこんなこともGSだと出来ちゃいます(←クリックで動画に飛びます)

 

オフィシャルでこんなイベントを大々的に行うのは

「伊達でオフロードバイク仕立てにしてるってぇわけじゃあねぇぜ!」

と、江戸っ子口調かどうかはわかりませんが、れっきとした「オフ車」を造っている

というメーカーの気持ちの現れでしょう。

 

それにしてもBMWもかなりエクストリームなコース設計をしてるなぁと……

それに重戦車のようなR1200GSでも果敢にチャレンジする参加者もすごいなぁと思うわけです。

 

しかも皆さん良い顔してます。泥だらけになったり、ガッシャンガッシャン倒したりしているのに。

それは、この手の「遊び」が好きな人は慣れっこになっているのもありますが、

この程度では深刻な事態にならない、という事を知っているのも大きいと思います。

 

そして車両を見ていると、造っている側もそんな使い方を考慮しているのがわかります。

見るからに頑丈なエンジンガードだったりウィンカーの位置はその最たるものです。

 

実際にGSトロフィーのようなシチュエーションまではいかなくても、

ツーリング中に偶々見つけたダートだったり、所謂「酷道」の洗い越しだったり、

観光地の砂利の駐車場だったり、意外な所にGSトロフィー的な要素は隠れていますので

アドベンチャー系のバイクに乗っている方は

 

「あ、これはちょっと嫌な状況だな…」

 

と思わずに、少しだけGSトロフィーの参加者になった気分でその状況を楽しんでみて下さい。

新たな冒険の扉を開くきっかけになるかもしれません(もちろん無理はしないでくださいね(^-^;)

GSは車体は大きくても立派なオフ車です!

 

そして

「『そういうもの』に見ざめてしまってもっと深く足を突っ込んでみたい!」

「けれどなにをどうすれば?」

という方、お待ちしています。色々相談に乗らせて頂きます(^^♪

 

 

因みに今年のINTERNATIONAL GS TROPHYのはモンゴルにて

6月3日~10日まで行われます。

日本チームにも是非頑張ってほしいです。

 

 

Tschüss

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ