空水冷R1200RT ! エンジン分解!

皆様、こんにちは! サービスの田中です(^^)/ 雨ですねぇ・・・台風みたいですねぇ・・・。 雨にも負け・・・ずです! 今日は足元の悪い中、午前中から本当に多くのお客様に来店頂いております。 ありがとうございます! さて、本日は前回紹介しました、降ろした空水冷エンジンの分解です。 エンジン前側のカバーを外して、クラッチを取り外しました。 クラッチの上に見える部品がウォーターポンプです。 話は変わりますが、エンジンの左側にちっちゃい穴が開いていて、 そこからクーラントが・・・と言えば・・・ はい!ピンときた方もおられますね(^^; 時々出てくる冷却水・・・漏れではありません!一定圧を超えた時の逃がしの穴です。 このウォーターポンプの取付位置を見て頂ければ、ちょっと理解が深まる・・・? 続いてエンジン後ろ側のトランスミッションを取り外します。 はい!ドーン! こんな感じでケースにミッションがくっついた状態で外れます。 真ん中の、ながーーーーいシャフトがクラッチ側に繋がっているので、先にクラッチを外す 必要があったわけですね(^^) そのミッションが外れた状態のエンジンがこちら! やっと気になるジェネレーター(発電機)が見えました。 さらにコイルを取り外します。 目視でも確認出来ますが、黒く変色している部分がありますね。 熱による焼損です。 こうなったのには他に原因があるはず・・・。 あとで点検してみます。 部品交換のあとは・・・ エンジンを載せて・・・? いや、エンジンに車体を載せて・・・? Let's!合体! \(^^)/ ここまでくれば、外した燃料タンクや外装類を組み付けて、完

R1200RT ! エンジン降ろします!

皆様、こんにちは! サービスの田中です(^^)/ もう10月も中旬ですね。 夜は結構冷えてきましたので、皆様風邪には注意して下さい! さて、先月に少し紹介させて頂いたR1200RTの不具合の件! 『メーターにバッテリーのマークが出た!』 本日はその後第2弾として、続きを少しお見せします。 部品も入荷しましたので、サッと交換したいところですが・・・。 残念ながらエンジンを降ろさないと交換が出来ないところに取り付けられています。 なので・・・・・・降ろします! 前回の気合の洗車後、エンジンを降ろすためさらに燃料タンク等を外していきます。 なにやら車両の両脇に柱が見えていますが・・・。 横から見るとこんな感じになりました。 ここでちょっと田中登場! 『仕事してるところを見せておかな!』 と、いうことで1枚撮ってくれました(^^)笑 ここからはグッと集中していっきに外していきます。 カリカリ、ガチャガチャ、ポコッと・・・。 準備完了! まもなくテイクオフです! ※車両とクレーンをしっかりとベルトで固定してください! ・・・それでは、RT飛びまーーす! |д゚)! (・・・一番驚いているのはRTだと思います)笑 RT無事に着陸です!お疲れ様でした! バイクリフトにはエンジンだけが残りました。 ここまでくれば目的の部品取外しまでもう少しです。 一体どこの部品の不具合だったのでしょうか!? また次回、続きを少しお見せしたいと思います。 それではこのへんで。 tanaka

R1200RSにAELLAステップ取付!

皆様、こんにちは! サービスの田中です(^^)/ 今日は一日雨ですね・・・。 気分がどんより・・・してないですよ(笑) 有り難いことに、カスノ大運動会後から整備入庫車両がグッと増えまして、 なかなかブログで紹介したい事が書けず遅れておりますが・・・。 本日はようやくAELLAのR1200R/RS用ステップキットをご紹介!! モトラッドカスノ工場での取付第1号車両は R1200RSです! この純正ステップを左右取り外して、AELLAステップに交換します! 左側が純正、右側が今回交換しましたAELLAステップになります。 写真からお気づきかと思いますが、純正のステップペグが移植して使用可能となっています。 長距離走行ではラバーが振動を軽減することにより疲れが変わってきます。 靴底に思いやりを!これ、ポイント高くないですか? この可倒式タイプと固定式タイプもございますので、詳しくはAELLAスタッフまで(^^)/ http://shop.aella.jp/ 続いてのポイントは、写真(左側)の矢印部分を左右の写真で比較して頂くと、全体的にフレーム側へオフセットされています。 これによりヒールガードの出っ張りが気にならなくなっていたり、フレームに寄ったことにより コントロールしやすくなっています。 左側はこんな感じです。シフトアシストはそのまま使用可能で、 さらにステップの高さも調整出来ます! この写真の状態はほぼ純正と同じ高さですが、田中は○印の位置が結構好みでした。 ツーリングには標準の位置、ちょっとスポーツ走行気分には○印の位置のような感じで 使い分けるのもいいかもです(^^ ニー

最新記事
アーカイブ
タグから検索

copylight© CASUNO MOTORCYCLES.CO., LTD All Rights Reserved.